今日もありがとう    

FIP(猫伝染性腹膜炎)と向き合っている猫さんと飼い主さんを応援します!
-*-*-*-

{まめ}♂
2008.10/1生まれ



{くろ}♂
にこと兄弟
2011.3/12生まれ
同年6/11.FIPと診断
9/9.永眠



{にこ}♂
くろと兄弟
2011.3/12生まれ
同年9/21.FIPと診断
10/19.永眠



{ぐり}♀
ぐらと姉妹
2011.6/27生まれ



{ぐら}♀
ぐりと姉妹
2011.6/27生まれ



{ぽー}♂
2014.9/1生まれ


管理人
まめとわたし
はる




まめの本0

まめの本02


Blogランキング参加中
ボクの鼻を
クリックしてね!

ランキング用

こっちもポチッと!
ランキング用猫ブログ



Instagram


いつでも里親募集中











<< 側副靭帯損傷〜親指は働き者 | main | 台風11号 >>
関節の癒着
 「このまま、今のリハビリ続けてたら、一生曲がらなくなりますよ」


前回、指の怪我のことをかいたけど

今、関節が曲がりにくいのは どうやら、側副靭帯損傷ではなく、

関節の癒着が原因だそうです。

3回ほどリハビリにかよったけど、ほとんど改善のきざしを感じれなかったので

別の病院(整形外科クリニック)へ行ってみました。

先生は、手に関して最も得意とされる方で 15、6年前に

指の自然痛でお世話になったことがありました。


角度、向きをかえた数枚のレントゲンをじっとみつめ

しばらくして、指のあちこちを触診されました。


先生..
「2ヶ月たっても、ほとんど曲がらないのはおかしい」

「どこの病院ですか?」

「リハビリは、どんなことをしてますか?」

「靭帯ではなく、関節の癒着が原因です」

「このまま、今のリハビリ続けてたら、一生曲がらなくなりますよ」

「週一でかまわないので、リハビリ通院してください」

「家では、朝3分間、45℃くらいのお湯に患部を浸けて下さい、
 日中は、できるだけ動かす、痛くても目一杯 曲げる、夜は冷やす」


「じゃ、癒着部分を膨らます注射をうちます、痛いけど我慢してください」
(指の注射、痛いんよね〜、前回は中指の関節の間にうった)

やじるし部にちょっと太めの針の注射を打ちました。

その後、先生の容赦ない指曲げが。。。。。。3分間ほど

涙は出るは、汗は出るは、、、、




夏の庭の「ぐら」


スケッチブックで寝る「ぐり」

すだれと「まめ」 クリッカートレーニング体験中


今日もありがとう

| はる | はる | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
>はる (2014/08/07 12:20 PM)
アキさん、前の病院の先生、質問してもなんとなくはっきりしなかったんですよね+ +;
可動域が少しずつ広がってきてるようです。

aki (2014/08/05 7:14 AM)
ええ!っていう感じですね・・。
でも、今 病院を替わって間に合いそうでよかったです。痛いさが辛そうだけど なんとか次からましになっていますように。。 









url: http://mame081214.jugem.jp/trackback/309